カテゴリ: フォーク


風に乗った恋が
小さな絵日記、書き綴る
夢のような幻に
時のキネマは過ぎて行く
  君を待ってたこの三叉路で
  少し汚れた口笛を吹く

君にあげた恋が
いくつもの綾を織りなして
小さな気球作る
ほら、どこか遠くへ飛んで行った
  君と歩いたこの三叉路で
  少し汚れた口笛を吹く

歌を忘れた恋が
小さな絵日記、書き綴る
少しゆがんだ顔に
君の想い出織り込みながら
  君を忘れたこの三叉路で
  少し汚れた口笛を吹く


IMG_0426
このエントリーをはてなブックマークに追加


頭の中は眠たさで一杯
徹夜だったのです
あくびは限りなく出るし
目は真っ赤なのでしょう
朝の風に打たれてこよう
これが一番でしょう。

太陽の光はまだ見えないけど
空は明るくなっていきます
初夏だというのに朝はまだ寒く
厚着をしています
「朝の風に打たれてこい」
父のよく言った言葉です

新しい風を腹一杯に吸い込む
いい気持ちです
自然のことなのでしょう
冷たい風がおしっこを誘うのは
朝の風に打たれてみて
とても満足です。


高校3年(1975年)のちょうどこの時期、中間テストの勉強(一夜漬け)をしていた時に作った詩です。朝の詩に絡めて載せてみました。

IMG_0399
このエントリーをはてなブックマークに追加


雨の降る夜はたった一人で
蚊取り線香の光を見つめて
蛙といっしょに歌をうたうと
見知らぬ人が傘をさして通り過ぎる
 街は濡れ、人は濡れ
 辺りは変わり、色も濃く
遠くの船の音に魅かれて
異国の町に立っているような

いま、雲の隙間を星が
瞬きより速く過ぎていった
声を落としてギターはなく
耳を澄まして人はなく
 街は濡れ、人は濡れ
 辺りは変わり、色も濃く
寂しい雨の寂しい歌?
ううん楽しい、楽しい雨の歌


IMG_0333
このエントリーをはてなブックマークに追加


1,
 福岡県に水巻という町がある。その昔は炭鉱町だったが、今は北九州市のベッドタウンになっている町だ。
 その水巻町に、『月夜待』という名の交差点がある。場所はJR東水巻駅(福北ゆたか線)の上にある。
 なんで上なのかというと、線路と道路が立体交差していて、道路が上を走っているためで、この交差点は駅の上を数メートル西に寄ったところにある。

 ぼくがこの交差点を知ったのは19歳の頃、当時やっていた運送会社のバイトでそこを通った時だった。
 運転手さん人に、
「あれ、何と読むんですか?」と聞いたら、
「つきよまち」と教えてくれた。
 ロマンチックな名前だなと思い、その時からいつかこの『月夜待』をテーマにした歌を作りたいと思っていた。

 それが出来たのが25歳、高校時代から好きだった人の結婚を聞いた時だった。本当ならこの名前のようにロマンチックな歌にしたかったのだが、結局は失恋の歌になってしまった。

2,
月夜待
君に逢えれば こんなことだって
忘れられると 思ったものさ
笑い話に 君のことを
歌ったことも 昔のことさ

夢はいつも 美しいもので
しあわせそうな 二つの影を
映し出しては 消えていった
あこがれては 思い悩み

 つきよまちから 二つの道を
 選ぶいとまが 君との川で

流れては 遠くなる恋を
見つめては しあわせなんか
こんなおれに くるもんかと
つぶやきながら あおる酒よ

 つきよまちから 二つの道が
 出逢うところで 君を夢見た

いつか知らず 時は過ぎていった
君に逢えるのは 夢の中だけと
つきよまちに かすかに浮かぶ
月を見ては 君を想う


3,
 この曲が浮かんだのは会社帰りに、駅から自転車で家に向かっている途中だった。曲を忘れまいとして、そこからダッシュで帰ったのだった。
 家に帰ってから、さっそくラジカセに録音した。その後、すぐに詩に取り組んだのだが、五分で出来てしまった。しかも、この詩は作った時のままで、その後一切修正を加えてない。きっと自分の中で熟成していたのだろう。

4,
 この歌を作った当初、ぼくは失恋のこともあって、この歌をまったく評価してなかった。ところが、友人が「月夜待という歌、けっこういいね」と言いだした。そして仲間内でちょっと話題になった。それに気をよくしたぼくは、それから数年後に、この歌をレコード会社に売り込んだ。しかし、聴いてくれたのかどうかわからないまま、うやむやになってしまった。その後も、ことあるたびに、レコード会社や明太子屋に、この歌を売り込んでみたのだが、やはりダメだった。

5,
 しかし、どうしてここを『月夜待』と言うのだろう。その辺に住んでいる友人にそのことを聞いてみたのだが、「知らん」と言う。前の会社の上司もその辺に住んでいるので聞いてみたが、やはり「知らん」と言われた。
 まさか炭鉱繋がりで、「月が出た出た、月が出た」の炭坑節と何か繋がりがあるのだろうか。そうだとしたら嫌だな。この地名の持つムードが壊れてしまう。
 ぼくとしては、夏目漱石が言うところの「月が綺麗ですね」の月であってほしい。

 ※なお、この詩の『月夜待』と実際の『月夜待』は、地理上若干の違いがあります。歌詞を優先にしたためです。悪しからず。
このエントリーをはてなブックマークに追加


傾きかけた日々
傷ついた部屋に閉じこもって
ぼくは何気なくマッチをすった
前からやっていたような気もするけど
これが初めてのような気もする

 その日太宰府は雨の中にあった
 ただいつもと違うことは傘が二つ
 小さな梅の木はただ雨の中に
 そうやっていつも春を待つんだろう

マッチをすっては何気なく消して
また新しい火を起こしながら
うつろに風を眺めている
だけどそれも何気なく忘れて

 騒ぎすぎた日々と別れるように
 今日太宰府は雨の中にあった
 もう今までのようなことはないような気がする
 あるとすれば次には君がいる



1,
 高校2年の秋、その頃付き合い始めた人と初めてデートした。場所は太宰府だった。
 小雨の降る中、天満宮を二人で歩いたのだが、なぜか彼女がよそよそしい。あまり喜んでないようなんだな。話しかけても、素っ気ない返事を返してくるだけだったし。何の進展もないデートだった。
 「この付き合いは失敗だったかも」と感じたぼくは、その後だんだん彼女と距離を置くようになり、付き合いは自然消滅したのだった。
 それと前後して、ぼくは停滞期に入っていき、運気に活発さがなくなっていった。再び活発になるまでおよそ5年かかってしまう。

 今日投稿した『傾きかけた日々』という歌は、運気が再び活発化した5年後に、その太宰府前後のことを思い出して書いたものだ。

2,
「小さな梅の木はただ雨の中に・・・」
 結局、なぜ彼女がよそよそしかったのかは、わからないままだ。実は馴れ合いで付き合いだした二人だったから、彼女の心の中にぼく以外の人がいたのかもしれないな。かく言うぼくも、心の奥底に忘れようとしていた人がいたのだから、もしかしたら彼女もぼくのことをよそよしく感じていたのかもしれない。お互い、心の内を傘で隠すことが出来なかったということだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ